コミュファ光のプロバイダ一体型のメリットとデメリット

 

コミュファ光ではプロバイダーの選択を一体型か選択型のどちらかを選ぶことになります
この一体型と選択型について、ここでは説明します

 

コミュファ光の一体型プロバイダーとは、コミュファ光のプロバイダーを光回線も
プロバイダーもその両方を利用するということになります

 

コミュファ光に加入した家から光回線接続業者であるプロバイダーまでを繋ぐ回線業者がコミュファ光。
そして光回線に接続してくれるプロバイダーもコミュファ光ということです
要するに回線もプロバイダーもコミュファ光の一体型の契約ということですね。

 

 

 

 

コミュファ光のプロバイダー一体型のメリット

メリット1

コミュファ光のプロバイダーを一体型で契約すると毎月の利用料金の中に、
プロバイダー料金もセットになっていますのでプロバイダが不要ということです。
なんで、毎月のインターネット回線利用量がわかりやすいという点がメリットです

 

メリット2

プロバイダーを一体型で契約することで、毎月の利用料が抑えられ、
安く利用できることがメリットになります。

 

メリット3

コミュファ光のプロバイダー一体型のユーザーは月額利用料金の中に
プロバイダー料金もセットになっているので、請求がコミュファ光からだけとなりわかりやすいです

 

メリット4

プロバイダーを一体型にすることによって、通信回線の調子が悪いときや不具合が発生した場合に
サポートセンターの窓口がコミュファ光だけになるのでわかりやすいです

 

メリット5

プロバイダー一体型でコミュファ光を申し込むと、明細書がひとつになるので
どのくらい毎月払っているか、どんなプランなのかが把握しやすいメリットがあります

 

 

⇒ 「コミュファ光」キャンペーンサイト

 

 

コミュファ光のプロバイダー一体型のデメリット

 

コミュファ光でプロバイダ一体型を選ばない方が良いユーザーは
「現在のプロバイダサービスをやめられないユーザー」です
具体的に言うと、こうしたユーザーということになります。

  1. メールアドレスをいくつか活用しており、取っておくと逆に高くなってくる

  2. プロバイダから固定IPを貰ってる

  3. プロバイダのホームページサービスを利用している

1のつ目のメールアドレスですが、有名企業のプロバイダのメールアドレスは
1個につき200〜300円ぐらいで残すことが可能なので、
1、2個程であったら、一体型の方が利用料が安いけれど、
これ以上となったらプロバイダ選択型の方が安価である。

 

コミュファのメールを新規発行することができるし、
Gメールやヤフーメールを使用することで、
インターネット回線の変更が影響を及ぼすことがなくなる。
現在利用しているメールアドレスを変えても、
支障がなければ一体型にすることをオススメします。

 

2つ目のIPアドレスは、プロバイダ法人から振り分けられてあって、
それをベースにそれぞれのPCなどの端末はインターネット接続ががなされている。

 

このIPアドレスは、流動的に割り当てられるのは普通ですけど、
これを固定のIPアドレスにする有料サービスがプロバイダ会社にはあるんです。
固定IPは一度解除してしまったら、2度と同じ固定IPをもらうことは不可能なのでお気をつけ下さい。

 

3つ目のホームページサービスですが、これもまたプロバイダ法人のサーバーから提供しているため、
そのプロバイダ会社を打ち切ると利用できなくなる。

 

仕事でプロバイダ会社のホームページサービスを利用している方が時々いるけど、
いっそうのこと独自ドメインとレンタルサーバで、
ちゃんとしたホームページを利用してみてはどうだろうか?
プロバイダ会社のホームページサービスは、
その会社がサービスを終わってしまうケースもあるし、一方的に削除されてしまう恐れがある。
そういうわけで、仕事でホームページが欠かせないなら、
尚のこと削除されないホームページを作った方がいいです。

 

 

⇒ 「コミュファ光」キャンペーンサイト

 

 

コミュファ光のプロバイダ一体型の料金

 

プロバイダー一体型では、コミュファ光の回線使用料と
プロバイダー料金を合わせた金額がコミュファ光から請求されます
一戸建て住宅か集合住宅かによって、料金は変わりますが、
コミュファ光は通信速度によっても3種類にコースに分かれていますので、
それぞれ料金が違います

 

以下に契約コース別の毎月の使用料を記載しました
(以下、全て税抜表示)

戸建ての場合

  • 1ギガホーム:5,550円
  • 300メガホーム:5,050円
  • 30メガホーム:4,110円

マンションなど集合住宅の場合

  • 1ギガマンションF:5,550円
  • 300メガマンションF:5,050円
  • 30メガマンションF:4,110円

 

 

So-netコミュファ光

 

 

 

コミュファ光のプロバイダー一体型の速度

 

実を言うとここの所を何よりも伝えたいんですが、
コミュファ光は独自通信回線を駆使してるので、
シェアードエリア以外は、NTT西日本フレッツ光の通信回線をまるきり使ってません。

 

提供エリアを絞ってるためか、コミュファ光はネットワークの24時間体制で
一年を通して監視と保守が可能な部署を作ることが可能となって、
インターネット回線の品質にも精力を注ぎこんでる。
実際に、RBBという機関から中部東海エリアで、」一番速い光回線ということで、
表彰もされているので成果もしっかりと出てるといっても良い。

 

NTTフレッツ光の場合だと全国規模で利用できるので、こういったことはあるはずがないし、
その中でも品質を保持するサービスなどは出来るわけもありません。
プロバイダの速度に関しては、実際に一体型の方が、
ワンストップ型ですので、速度も出やすいし、安定もしやすいです。

 

プロバイダ一体型のプランの場合だと、
特に帯域制限を定めてないのが大きいと言うことができる。
他社のプロバイダの場合だと、1日で20ギガとか30ギガの通信を行うと、
速度がガタ落ちするけど、コミュファ光の一体型のプランならそういう事は皆無です。

 

これは、インターネットのヘビーユーザーには有り難い限りでです。

 

 

まとめ

 

コミュファ光の一体型は金額面とサービス面からできれば利用した方が良い
コミュファ光を使用するにあたって、できるなら一体型にしていただきたいと
私は考えているが、個人によってプロバイダを変えられないユーザーもいます。

 

ただし、現在利用しているプロバイダサービスが本当に利用し続けないと
駄目なのか、それ以外に代用することは出来ないのかと考えると、
意外とそうでもなかったりします。
そのくらいこのご時世、サービスが幅広くなっているしいっぱい取り揃えられている。
訪問やテレマで気付く間もなくコミュファ光に申し込んでしまうと、
プロバイダが一体型でなったりするから、その部分は誠に注意して欲しいです。

 

 

 

⇒ 「コミュファ光」キャンペーンサイト

 

 

 

So-netコミュファ光